大会について

全国豊かな海づくり大会とは?

『全国豊かな海づくり大会』は、水産資源の保護・管理と海や河川・湖沼の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて水産業の振興と発展を図ることを目的に毎年各地で開催されている国民的行事の1つです。昭和56年に全国に先駆けて本県で記念すべき第1回大会が開催され、令和6年には本県で2回目となる開催が決定しています。

大会の基本理念

大分県の豊かな海や川を次代へ引き継いでいくため、つくり育てる漁業に一層取り組むとともに、それらを育む自然環境を守っていくことの重要性を県内外へ広く訴えかけます。
また、四季折々の味力あふれる多様な水産物に加え、「おんせん県おおいた」の新たな魅力を全国へ広く発信していきます。

基本理念を支える大会の4つの基本方針

  1. 水産資源の保護と管理の一層の推進

    水産資源の維持・増大を図り、「生産者の挑戦と努力が報われる漁業」の実現に向け、令和5年度にリニューアルする大分県漁業公社を核に、つくり育てる漁業をさらに推進します。

  2. 森から川、海へとつながる豊かな自然環境の保全

    森から川へ、川から海へとつながる自然環境や藻場造成などによる良好な沿岸環境の保全とともに、近年、国際的に大きな問題となっている海洋プラスチックゴミや地球温暖化などの環境問題に取り組むことの重要性について県内外へ広く訴えかけることで、本県の豊かな海や川を次代に引き継いでいきます。

  3. 四季折々の多様な水産物の消費拡大進

    「関あじ関さば」、「城下かれい」、「かぼすブリ」、「姫島車えび」などのブランド水産物をはじめ、本県の海や川で育まれた四季折々の多様な水産物の味力を県内外へ発信し、消費拡大を図ります。

  4. おんせん県の新たな魅力を全国に発信

    日本唯一の海上交通であるホーバークラフトの復活や「宇宙港」としての発展が期待される大分空港など本県では地域の活性化に向けた新たな取組を次々と展開しています。令和6年春のデスティネーションキャンペーンとあわせて、新たな魅力を全国に発信する大会とします。

開催に向けた各種計画

基本構想

大会の開催意義、基本理念、基本方針、開催場所など大会の大枠を定めたものです。

大会計画骨子

放流する稚魚の種類や各行事の会場配置、広報計画や大会運営方針などを盛り込んだ具体的な計画です。

大会計画

大会実施本部の組織体制や大会当日の各行事の進行などを盛り込んだより詳細な計画です。

大分県実行委員会

昭和56年の第1回大会以来となる本県開催の成功に向けて、その準備に万全を期すとともに、円滑な大会運営を行うため、県内の幅広い関係機関、関係団体の参画を得て、「第43回全国豊かな海づくり大会大分県実行委員会」を設立しました!

委員会報告

大会広報隊”鳥”「めじろん」

「めじろん」とは?

2004年に、第63回国民体育大会「チャレンジ!おおいた国体」、第8回全国障害者スポーツ大会「チャレンジ!おおいた大会」のマスコットとして、県鳥(けんちょう)の「メジロ」をモチーフにデザインされたキャラクターです。
大会終了後は、大分県応援団”鳥”(おうえんだんちょう)に就任し、県行政の広報・PR活動に活躍しています。

そして、このたび「めじろん」には、全国豊かな海づくり大会~おんせん県おおいた大会~の「広報隊”鳥”」に就任してもらいました。
「大会専用コスチューム」を着てもらい、大会を盛り上げてもらいます!

イラスト:大会専用コスチュームめじろん
イラスト:漁めじろん
イラスト:お刺身めじろん
イラスト:別府湾めじろん
イラスト:お魚めじろん